やっぱり目の前で丁寧に教えてほしい。 出張ベース教室【ベースランニング】です。


【ベースランニング】は、
これからエレキベースをはじめる人の教室です。

ベースランニング タイトルバック画像

なにごとも基礎が肝心である、とはよく聞く話です。そのとおりだと思います。
でもエレキベースはすぐ音が出ちゃうので、その基礎がよく抜けおちます。
トランペットやクラリネットのように、きれいな音を出すために地道に続ける最初の時間がベースにも必要だったんです。 その時間を使った人と、すっとばしちゃった人とでは、自分の満足度に差がでてきます。
ここでいう基礎とは、手の骨格にそった素直なフォームで楽に弾くということです。

【ベースランニング】は、
もう一度最初からやってみようという人の教室です。

これまでずいぶんベースを弾いてきた方の中で、迷いがないという人はいないでしょう。僕にも迷いがあります。
教則本を買ったけどよくわからなかった。最後まで読み切れなかった。 指が開かない(開かないほうがいいんですが)。どの指でどう弾けばいいのかわからない。左手がすぐ疲れてしまう。かっこいいフレーズが浮かばない。ベースがよく聞こえないって言われる、、、悩みはそれぞれにたくさんあります。
左右のフォームと”音を出す”という意識の見なおしで、あなたのベースは、音の抜けとともにかなり変われます。もう一度、順をおって自分のベースプレイを見つめてみましょう。


 【ベースランニング】の特典、特徴・・・

① ワンコイン体験レッスン!

どの生徒さんも、ここからはじまっています。顔合わせですが、音も出します。まだベースがない方には僕のベースを弾いてもらいます。体験レッスン料は60分500円です。

② 楽器店に無料同行します。

エレキベースは高い買い物です。ネックが曲がってるなんていやでしょ?調子の良い納得の1本を一緒に見つけましょう。

③ お近くまで出張します。

生徒さん宅でのレッスンもできます。または仕事先の近所のスタジオなど、都合のいい所まで出張します。

④ ”人と音を出し合う=集める” という心のもち方を教えます。

これがベースランニングの大きな特徴です。僕は生徒さんのベースと一緒に、よくピアノやウクレレを弾きます。
他人と演奏する時に大切な”音の届け方(言葉の選び方、しゃべり方)”を、初級のうちからテクニックと並行して意識していきましょう。 意識して弾くってことは有意義です。


ベースランニングへのメールボタン  mail


■ 更新日 ■2017年 10月20日